島国である日本を出入国する手段は空路または海路になります。

積極的なプロモーションによる訪日需要に応えられるだけの十分な航空ネットワークの整備や外航クルーズ船の寄港地としての湾港を整備していくことが重要です。

日本の航空政策は航空自由化の推進が大きな枠組みとされているとのことで、格安航空会社の新規参入の促進や、空港の経営改革を通して航空分野の成長を促進し、経済の活性化につなげる事を目標としています。

国際定期便の就航に関しては二国間の政府間交渉になりますので外交問題であるということになります。
しかし、世界中で急激に人々の行き来が盛んになってきていますので、年体の政府間交渉で就航路線を決める時間的余裕がなくなり、随時路線を整備していくことがその国の経済状況に大きな影響を与えるようになってきました。

そこで、原則民間同士の合意によって路線や便数などが自由に設定できるようになりました。

訪日外国人旅行客の増加に大きく貢献している要因の一つにアジアの各国・地域からの格安航空会社の乗り入れが挙げられるそうです。
今後も格安航空会社の割合は増加を続けていくと考えられており、日本においては懸念されていた既存の航空会社の利用者の減少はほぼみられなく、共存共栄が図られているとのことです。また、世界中ぼ観光市場が拡大しているという土台もあることから、主体の異なる民間企業同士の協力体制も重要になってくるそうです。

政府も格安航空会社の成長を支援していくため、国際航空運賃の規制緩和をはじめとして、一定以下の機材の着陸料の引き下げ、地方空港の受け入れ態勢の整備を進めているとのことです。

また、一部の空港運営会社もLCC用のターミナルの併用を進めているとのことです。