デザインの実態

店舗デザインは、経営者の理想を最大限に反映させたものでなければなりません。しかし経営者にとっては利潤も大切ですから、コンサルタント等のアドバイスを参考にして、総合的に勘案することになります。この時、ターゲットとする客層が経営者の頭の中で描かれています。最終的に、利潤とデザインとを結びつける店のコンセプトがデザイナーに伝えられ、デザイナーはそのコンセプトを基に作品を生み出します。コンセプトは往々にして他店との差別化を図ったものですから、個性的なデザインであることも求められます。しかし大枠を取り外してはならないのが難しいところです。例えば、「大衆と高級」「和風と洋風」といった区分けは普遍的なものであり、この種の違いをぼかしてしまう店舗経営は失敗に終わります。「程々に個性的」であることが大切なのです。例を挙げましょう。ターゲットを若者とする飲食店をデザインする場合、シンプルな空間を作ります。家具は一般にポップなものが好まれますが、オーガニックやロハスを意識したもので統一するのも戦術の一つでしょう。ナチュラルウッドの家具は最適で、女性客を惹き付けます。バーを意識した構成にすれば、妙齢の客をも惹き付けることは間違いありません。その場合、カウンターは落ち着いたクラシック調にします。では飲食店以外の店舗はどうでしょうか。雑貨店なら商品のレイアウトに心血を注ぎます。美容室なら清潔感は欠かせません。店舗を構成するのは内装だけではありません。外観も重要になります。ターゲットとする客層が振り向くようなデザインを目指します。しかし奇抜であってはいけません。「奇を衒ったデザイン」と「目立つデザイン」とは同義ではありません。誰もが入店し易い外観でなければならないのです。外観は周囲の店舗との兼ね合いも必要になるため、立地がデザインを機能させないことがあります。その場合は、看板で惹き付けるようにします。

レイアウトや営業許可の申請といったお店を作るときに必要な情報なら店舗デザイン.net 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です