リフォーム

店の外壁が劣化したり、設備が使えなくなったりすると、経営者はリフォームする必要に迫られます。この場合は消極的な動機で行うわけですが、実際の店舗リフォームの多くは、積極的な動機に基づいて行われます。つまりリフォームによってお店の売り上げ、利潤を増幅させることが出来ると踏んで、設計事務所に依頼するのです。

では売り上げを伸ばす上でリフォームにどのようなメリットがあるかと言えば、まず客が好印象を抱く空間に変貌させられることが挙げられます。例えばお店の正面を洗練されたデザインに変えるだけでも、客の印象は好転するはずです。正面だけではなく、外観は往々にして、訪れた人の第一印象に大きな影響を与えるのです。また、内装も同様に客の印象を変えることが出来ます。店内の居心地が良くなると、常連客が増えることに繋がります。

店舗リフォームのメリットは他にもあります。それは、従業員のやる気を惹き起こすことです。職場であるお店の雰囲気が洗練されたものになると、従業員も気持ちよく働くことが出来ます。影響するのは装飾だけではありません。動線の設計も肝要です。スタッフと客の移動パターンを想像し、のびのびとサービスを提供、利用できるように取り計らうことで、無駄な時間が削られ、スタッフの受けるストレスも削減されます。スタッフが明るく仕事に取り組むことが出来れば、客の印象もさらに良くなり、相乗効果が生まれることでしょう。

ところで経営者としてはリフォームのデメリットも押さえておく必要があります。誰もが思いつくのは費用でしょう。初期費用を何とか準備できたとしても、後々補填できるほど売り上げが伸びるとは限りません。特に経験の浅い経営者は判断を誤ります。リフォーム後に火の車とならないためにも、事前の学習は欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です