ハンドルとブレーキ

車を走行する際、進行方向を決定する重要な役割を担っているのがハンドルでしょう。このハンドルを操作する基本的な安全姿勢を身につけておかなければ、いつまでたっても安全運転はできないと言えるでしょう。

ハンドルを握る際は力まず、いつでも臨機応変に対応できるようリラックスした姿勢で持つことがポイント。

進行方向が右の場合で説明してみましょう。

まず右手を下に引くように回し始めましょう。この時、回し始めは10時10分のポジションから両手で回していくようにすると良いでしょう。右手が下まで来たら、右手を離し、左手主導で回しながら、右手を左上部に持ち替えます。感覚としては、左手で回しながら、右手を上に交差させて右手で引くように回すという感じでしょう。そして、右手を回しつつ、左手を離し、右手のほうに力を入れて回していくようにしましょう。

合宿免許はもちろん、自動車学校でも、自身の納得のいくまで練習させてもらえることはない可能性もあるため、イメージトレーニングをしてから実践に臨むというのも良いのではないでしょうか。

また、車の走行に関わる操作として、各ペダルの踏み方が関係してくるでしょう。アクセルペダルは、まず右足のかかとを床につけ、足首と指先で操作するようにすると良いでしょう。かかとを支点にすると、変な力が入らず、スムーズな操作ができるため、覚えておくと良いでしょう。減速したいときは、足首を軽く動かして調節しましょう。アクセルペダルからブレーキペダルに踏み替える場合は、床からかかとを離すようにしておくと踏みやすいでしょう。アクセルペダルを踏み込むと、エンジンに燃料が送られ、エンジンの回転数が上がる仕組みになっているようです。アクセルペダルの踏み込み具合でエンジン音がどう変わるかといったことも、足先の感覚と耳で覚えておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です