フランド論の側面から見て、重要なことは共感を得ることである。その共感という考え方を一歩進めて、頂点であるということは、ブランドに共鳴するという段階にこそあるという考え方だ。 現在のブランドの理論を構築したデーピッド・アーカー氏と並ぶブランド論の大家、ケビン・レーン・ケラー氏はコブランド・エクイティ・ピラミッド」という概念を提唱し、理想的なことは、 ブランドが顧客にとってどのような状態になればいいか、ということを示している。

ピラミッドの頂点が共鳴である。理想的な状態であるのは顧客がそのブランドの考え方に共鳴している状態である、と位置づけている。これを採用市場に応用すれば、ブランド企業の考え方に共鳴してもらう状態が理想ということになる。企業の考え方には、さまざまな捉え方があるが、その根底にあるのは理念や価値観である。そして、ある意昧では、共鳴は共感よりも強い概念かもしれない。共鳴は、共感したうえですでに行動を起こしている揺るぎない状態、と捉えることができるのではないだろうか。

理念に共鳴しているということは、すでに一緒に理念を叶えるために行動している状態ではないだろうか。内定承諾の段階でそこまで行くことは難しいことではあるが、共感まで到達し、入社後の段階で共鳴へと変わり、そうすることで、その人が活躍人材へと成長するきっかけになればいいのではないか。

自社の理念に共鳴する人材は、企業にとって強力で、なかなかいない稀有な存在のはず。共感の先にある共鳴を目指して、採用を進めていくことを願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です