現状での採用環境において、内定者フォローや教育を外すことはできない。 それらは採用フローの中に埋め込んでおくべき項目だ。どれだけ理念を伝えることができていたとしても、他社との競争はなくならないので、差別化することは常に必要となる。そして、より深く差別化ポイントを理解してもらうために必要なのが、内定者フォローであり教育である。内定者フォローによって自社をさらに知ってもらい、教育を経て確実に入社してもらう。この過程は必要不可欠である。これを踏まえ、自社の理念が形成されたプロセスを伝えるように意識するべきである。

他社と理念が同じということはあまりない。同じ顧客満足という理念であっても、その企業ごとに細部は異なるだろう。理念形成プロセスについてはなおさら異なることだろう。したがって、そのプロセスについてフォローや教育で理解させれば、企業ブランドへの思いは一層盤石なものとなる。どう考え、どう判断したら、今の会社が形づくられてきたのかを、伝える丁寧なフォローと教育が求められているのである。

採用フローについて、採用から定着まで一貫性をもっておこなえることを、考える上で特に重要なのは、一気通貫という概念である。これは、採用プランディングを成功させるための大きな要因となる。一気通貫は、一貫性をもって物事を行うという意味であり、採用活動において、一貫性のある採用フローを意識することが、個々の施策を単体ではなく全体として考えられるようになる。

一貫性ある行動の連続によって、強力なブランド連想が構築できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です