採用ブランディング

応募者を自社のファンに育てる採用ブランディングとはなんだろう。採用市場という限定された環境において、コンセプトを中心に一貫性のある施策を行っていくことが採用ブランディングの意味である。

企業価値と密接な関係にあるという背景が、ブランディングという概念にはある。採用ブランディングとは、採用市場におけるファンづくり、ということになるといえば、より分かりやすくなるだろう。採用ブランディングにもまた継続性がなくてはならない。ブランディングが売れ続ける仕組みづくりを意味するのと同様に、継続性を生み出すことができなければ、個別施策を繰り返すことになる。それでは消耗戦になってしまい、体力のある者が勝つことになる。企業においては、資金力で勝負が決まることになってしまう。採用ブランディングは資金力勝負ではなく、知名度の高くない企業でも勝ち抜いていける方法であり、企業ブランディングである。

採用実務をずっとやってこられた人たちには、自社のファン以外に優秀な人材がいて、その人狙いでいくことで自社の人材の層に厚みを出せる、という話がある。共感するファンに育てるというのは、あくまで採用フローを通して達成することである。知名度のない企業には、そうせざるを得ない。というのは、もともとファンである人がいないためである。すでに知名度のある企業にとっては、ファンでない人を狙うという方法が、ターゲテイングをするに当たってはあることである。フローを通して理念に共感してもらうということにはいずれの方法を取るににしても、変わらないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です