ブランド・エクイティにおけるポイント

ブランドの中でも特にその資産価値に注目した言葉がブランド・エクイティである。ブランド・エクイティとは企業や顧客に製品やサービスによって提供される価値の増減の源であるブランドに直結したブランドの資産と負債の差し引きであるようだ。

ブランド・エクイティの構成要素として、ブランド・ロイヤリティ、ブランド認知、知覚品質、ブランド連想の4つが挙げられる。

ブランド・ロイヤリティとは、一顧客がブランドに対して持つこだわり、忠誠心である。ブランド認知とは、顧客がブランドを識別するためのコミュニケーション効果である。知覚品質とは、顧客が購買目的に応じて対象に感じている品質である。ブランド連想とは、そのブランドに関する記憶やイメージ、思いである。

採用もまた、応募者の頭の中につくられるイメージによって結果が大きく変わる。どうすれば、強くて・好ましい・ユニークな、イメージを醸成することができるのか。 最終的には人的コミュニケーションによる工夫が欠かせない。

そこに、採用申フランディングを行う意義もあるのだ。

現在、多くの企業が人材問題に頭を悩ませている。特に中小企業を中心に人手不足が顕著である。その原因の最たるものは、従来型の採用活動では、これまでのような成果が得られないということにある。では、問題の根本には単発での施策中心の採用活動がある。手法が中心では、短期的な成果しか得ることができず、常に新しい手法を追い求めることになってしまう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です